親和会 本文へジャンプ
高原だより

           
2016年3月 長谷川政裕 教授 (物質化学工学) 定年退職
2015年10月 木俣光正 准教授 → 教授(システム創成工学) 昇任
2015年8月 水口仁志 助教 (バイオ化学工学) 転出
2015年4月 片桐洋史 助教 → 准教授(物質化学工学) 昇任
2015年3月 田中賢 教授 (バイオ化学工学) 転出
2014年4月 大場好弘 教授 山形大学理事・副学長 就任
2014年3月 植村(草刈)美保 技術職員 退職
2014年3月 阿部靖之 助教 (バイオ化学工学) 転出
2013年9月 水沼里見 技術職員 着任
2013年3月 尾形建明 教授 (バイオ化学工学) 定年退職
2012年4月 坂原聖士 技術職員 着任
2012年4月 佐々木彩乃 技術職員 着任
2012年4月 矢野成和 助教 (バイオ化学工学) 着任
2012年4月 真壁幸樹 准教授 (システム創成工学) 着任
2012年4月 樋口健志 助手 → 助教(物質化学工学) 昇任
2012年3月 吉田司 教授 (物質化学工学) 着任
2012年3月 松田良弘 技術職員 定年退職
2011年9月 有機エレクトロニクス研究センター(10号館)開所
2011年3月 原田英二 技術専門員  定年退職
2010年12月 松田圭悟 助教 → 准教授(国際事業化研究センター) 昇任
2010年4月 阿部宏之 教授(生体センシング) → (バイオ化学工学) 移籍
2010年4月 神戸士郎 教授(生体センシング) → (物質化学工学) 移籍
2010年4月 佐藤力哉 准教授(生体センシング) → (バイオ化学工学) 移籍
2010年4月 恒成隆 准教授(生体センシング) → (バイオ化学工学) 移籍
2010年4月 神保雄次 助教(生体センシング) → (バイオ化学工学) 移籍
2010年3月 泉多恵子 教授 (有機化学) 定年退職
2009年10月 高塚由美子 助教 (バイオ) 着任
2009年8月 田中賢 教授 (バイオ) 着任
2009年4月 桑名一徳 准教授 (化学工学) 着任
2009年4月 松嶋雄太 准教授 (無機化学) 着任
2009年4月 今野博行 准教授 (有機化学) 着任
2008年4月 佐藤慎吾 准教授 → 教授(有機化学) 昇任
2008年4月 鵜沼英郎 准教授 → 教授(無機化学) 昇任
2008年4月 會田忠弘 准教授 → 教授(化学工学) 昇任
2008年4月 渡邊邦雄 技術職員 再雇用
2008年3月 佐藤志美雄 教授(化学工学) 定年退職
2008年3月 都田昌之 教授(化学工学) 定年退職
2008年3月 菅原陸郎 教授(無機化学) 定年退職
2008年3月 幅上茂樹 准教授(有機化学) 退職(修学大学教授)
2008年3月 渡邊邦雄 技術職員 定年退職
2008年2月 落合文吾 助教(機能高分子) → 准教授(有機化学) 着任
2008年2月 門叶秀樹 助教 → 准教授(化学工学) 昇任
2007年10月 落合雅美 秘書(化学工学事務室) 着任
2007年9月 安藤久子 技術職員 退職
2007年8月 大場好弘 教授(有機化学) 工学部長
2007年5月 野々村美宗 准教授(物理化学) 着任
2007年6月 川井貴裕 助教(無機化学) 着任
2007年4月 松田圭悟 助教(化学工学) 着任
2007年4月 工学部のすべての教員が大学院理工学研究科の所属に変更
2007年4月 「助教授」 → 「准教授」
「助手」 → 「助教」または「助手」
2007年3月 小野寺準一 教授(応用化学) 定年退職
2007年3月 志田惇一 教授(応用化学) 定年退職
2007年3月 勝山哲雄 助教授(化学工学) 定年退職
2006年10月 片桐洋史 助手(有機化学) 着任
2006年10月 木島龍朗 助手 → 助教授(応用化学) 昇任
2006年8月 佐々木貴史 技術職員 着任
2006年4月 草刈美穂 技術職員 着任
2006年4月 遠藤孝志 技術職員 再雇用
2006年4月 木俣光正 助手 → 助教授(化学工学) 昇任
2006年3月 塩井章久 助教授(化学工学) 退職(同志社大学助教授)
2006年3月 烏マサ 技術職員(応用化学) 定年退職
2006年3月 遠藤孝志 技術職員(応用化学) 定年退職
2006年3月 神田良照 教授(化学工学) 定年退職
2005年10月 諸橋直弥 助手(応用化学) 退職(東北大学大学院助手)
2005年4月 樋口健志 助手(化学工学) 経済産業省へ出向
2005年3月 横田俊幸 教授(化学工学) 定年退職
2004年8月 小田かおり 秘書(応用化学事務室) 着任
2004年4月 国立大学法人 山形大学 発足
2004年4月 伊藤智博 助手(学術情報基盤センター) 着任
2004年4月 工学部 物質化学工学科実験研究棟(3号館)増改築工事完了
2003年12月 波多野豊平 助手(応用化学) アメリカ留学(1年3ヶ月)
2003年11月 立花和宏 助手 → 助教授(応用化学) 昇任
2003年5月 Abd EL-Wareth Sarhan 講師(応用化学) 転出(アシュート大,エジプト)
2003年4月 幅上茂樹 助教授(応用化学) 着任
2003年4月 工学部 物質化学工学科・機能高分子工学科実験研究棟(新2号館)増改築工事完成
2003年4月 工学部実験研究棟(10号館)完成
2002年7月 諸橋直弥 助手(応用化学) 着任
2002年4月 高橋幸司 教授(化学工学) 着任
2002年3月 門川淳一 助教授(応用化学) 転出(東北大学)
2002年3月 山本ひさ 技術専門官(応用化学) 定年退官
2001年10月 木俣光正 助手(化学工学) イギリス留学(10ヶ月)
2001年9月 遠藤昌敏 助教授(応用化学) アメリカ留学(10ヶ月)
2001年4月 水口仁志 助手(応用化学) 着任
2001年4月 波多野豊平 助手(応用化学) 着任
2001年3月 船田俊祐 技術専門官(応用化学) 定年退官
2001年3月 阿部重喜 教授(応用化学) 定年退官
2001年1月 木島龍朗 助手(応用化学) アメリカ留学(1年間)